イミダゾールジペプチド研究を始めて13年
東海物産はチキンエキス由来
イミダゾールジペプチドに焦点を当ててまいりました。
イミダゾールジペプチドを使用した製品紹介
イミダぺプチドとも呼ばれて注目されているイミダゾールジペプチド(アンセリン・カルノシン)を先端食品加工技術を用いてイミダゾールジペプチド強化チキンエキスを開発致しました。
このたび、業界最高含量の「AC-50」を発売しました。

東海物産では、先端食品加工技術である「限外ろ過膜」や「ナノろ過膜」による大量精製法に加えて、「イオン交換クロマトグラフ法」による高度精製法を確立して、チキンエキスからイミダゾールジペプチドを分離精製しています。
東海物産のイミダゾールジペプチドは、あらゆる食品にマッチする品質レベルを実現しています。